1. トップページ
    2. 企業情報
    3. CEOメッセージ

企業情報

CEOメッセージ

建設的な対話により“グローカルな価値創造経営”を推進します

代表取締役社長 兼 CEO 小路明善

当社は、2016年以降、欧州での大型M&Aや迅速な事業ポートフォリオの再構築により、事業利益の海外比率は4割程度に高まり、グループ社員の半数以上が外国人となるなど、真のグローバル化に向けて成長基盤が拡大しています。グループが新たな成長ステージに立ったことを踏まえて、2019年に新グループ理念“Asahi Group Philosophy”を制定するとともに、その具現化に向けて『中期経営方針』を発展的に更新しました。『中期経営方針』では、@高付加価値化や収益構造改革による「稼ぐ力の強化」、A新たな成長源泉の拡大に向けた「経営資源の高度化」、B持続的な価値創造プロセスを支える「ESGへの取組み深化」を重点課題に掲げ、”グローカルな価値創造経営“を推進しています。

昨年は、国内の最盛期における天候不順やユーロ、豪ドル安の進行など厳しい経営環境となりましたが、欧州ビール事業を中心としたプレミアムブランドの拡大など、グループ全体で高付加価値化を推進しました。また、豪州ビール大手のCUB事業の株式取得で合意するなど新たな成長源泉を拡大するとともに、ESGへの取組みについても、「環境ビジョン2050」の策定や取締役会の実効性向上に向けたコーポレートガバナンス改革に継続して取組みました。

本年は、東京オリンピック・パラリンピックの開催や酒税改正など、当社を取り巻く事業環境として多様なチャンスとリスクが拡大することが想定されます。また、価値創造プロセスを支えるESGに対しても、ますますその取組みを深化させていくことが求められています。今後も、“Asahi Group Philosophy”に基づいて、世界中のグループ社員がアサヒ独自の価値創造に向けてベクトルを合わせていくとともに、『中期経営方針』をエンゲージメント・アジェンダとしてステークホルダーの皆様との建設的な対話に努めていくことにより、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指していく方針です。

引き続き、一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2020年1月
代表取締役社長 兼 CEO
小路 明善


99ネネセナセナネネ-セナセナネネマ゚セォニキハモニオ-セナセナネネマ゚セォニキハモニオ